これは凄い、矯正の専門医による最新治療

矯正歯科の専門医

冒頭、歯科医師には高度な技術と専門的な知識を持った専門医がおり、そうした専門医から矯正治療を受けるのが安心できる旨述べました。実は、専門医以外にも「認定医」、「指導医」と呼ばれる歯科医がいます。一体誰から治療を受けるのがよいのでしようか。ここでは、それぞれの違いについて見ていきたいと思います。

矯正の最新治療とは

歯の矯正治療には実に様々な治療法があります。ひと言で矯正治療といっても、受診者の歯並びや特徴によって治療方法も変わってくるかと思います。ここでは、まずはどのような矯正治療があるのかを大まかに把握していきましょう。最新の治療方法やそれぞれの治療方法の特徴を理解しましょう。

矯正治療をする際に歯医者さんを選ぶ基準

矯正治療で最も重要なことのひとつが、歯医者さんの選び方です。実は歯医者さんといってもいろいろなタイプの歯医者さんがいます。どんなタイプの歯医者さんがいるのか、それぞれどんな特徴があるのかを理解した上で、自分に合った歯医者さんを選ぶことが大切です。

「認定医」と「専門医」と「指導医」の違い

初めて他人と会う時の第一印象はすごく大事ですよね。
その第一印象で目についてしまう一つが歯並びではないでしょうか。
最近の若いお子さんたちは、矯正治療を受ける人が多いと聞きます。やはり皆さん気にしているようです。

現在、日本では矯正治療が行えるのは、歯科医師の免許があれば誰でも可能です。
しかし、矯正治療は、通常の虫歯治療や歯周病治療を行う一般的な歯科治療とは大きく異なります。
矯正治療には、専門知識や専門の技術が必要になります。

歯科大学を卒業すれば、矯正の知識がすべて身につくものではありません。
ちゃんとした矯正の知識を持った矯正医になるには、歯科大学卒業後にも専門技術を学ぶ必要があります。
しかし、実際は専門技術を習得せずに「矯正歯科」を名乗る歯医者も少なくないようです。
こうした歯医者さんで矯正治療を受けるのは怖いですよね。

因みに、「専門医」とは、学会・団体が認めた歯科医師をいいます。
日本では、専門医は480人(日本矯正歯科学会専門医:約320名、JBO認定歯科矯正専門医:約70名、日本成人矯正歯科学会:約90名)ほどいます。
現在、歯科医師は日本全国で約10万人程度ですが、そのうちの21,000人程度が矯正歯科を掲げています。
しかし、矯正の専門知識を学んだ歯科医はおよそ3,000人だそうです。
専門医の資格は、この3,000人の中から審査をパスした歯科医に与えられます。

審査にパスした専門医は現在480人程度ですが、彼らは非常に高い技術と知識を持っています。
矯正治療を受けるにあたっては、こうした高度な技術と知識を持った専門医から受けたいですよね。